• ホーム
  • ペニスに関係する性病について

ペニスに関係する性病について

ペニスに関係する性病にはいくつかの種類があります。
例えば性器ヘルペスやコンジローマ、クラミジア、カンジダなどが挙げられます。
まず性器ヘルペスについてです。
性器ヘルペスとは単純ヘルペスウイルスによって引き起こされる感染症のことを言います。
主な症状としては女性の場合は外陰や膣の入り口に赤いぶつぶつや水ぶくれができます。
男性は亀頭や包皮などペニス全体に同じようなぶつぶつができます。
主な感染経路は性行為です。
次にコンジローマについてです。
この病気はヒトパピローマウイルスによって引き起こされる病気です。
症状としては男性女性ともに性器やその周りにイボができてしまうというものです。
基本的にイボができても痛みはありませんが、急激にイボが大きくなった場合は痛みやかゆみを伴う場合もあります。
このコンジローマも性行為によって感染します。
次にクラミジアについてです。
この病気は日本で最も多い性感染症と言われています。
主な症状は男性は尿道炎になることが多く、排尿時に痛みを感じたり、尿道に異物感を覚えたりすることもあります。
女性は子宮頸管炎や不妊などを起こすが自覚症状がほとんどないため、深刻な状態になるまで気づかないことが多いと言います。
この病気はクラミジアというウイルスによって引き起こされます。
また口に感染することもあります。
他にも母親からの産道感染によって新生児に感染する場合もあります。
次にカンジダについてです。
この病気は女性の膣の中にいるカンジダ菌が繁殖することで引き起こされる病気で主に女性が発症します。
症状としては膣やその周辺のかゆみや粘度の高いおりものがでる、排尿時の痛み、性交渉時の痛みなどが挙げられます。
この病気が発症、再発する原因として生理前のホルモンの変化や妊娠、エイズの感染や糖尿病などが挙げられます。
これらの条件に当てはまらないように生活していけば発症したり、再発するリスクを下げることができます。
そのため比較的治療がしやすい病気です。

性病は早期治療が何よりも大切な理由

性病は早期治療が最も大切だと言われています。
それにはいくつかの理由があります。
まず1つ目は早期治療をすることで免疫力を下げないようにすることができるからです。
先程あげたような性器ヘルペスやコンジローマなどといった性病は発症してすぐは免疫力によって症状がかなり抑えられています。
そのためその状態で治療することができるとより確実に性病を治すことができるからです。
他にも免疫低下によって引き起こされる不妊症などといった様々な病気を抑制することにもつながります。
2つ目の理由は性病の多くは早期治療によって完治することができるからです。
なぜ早期治療によって完治することができるのかというと性病は発症した直後は免疫の力によってあまり活動ができません。
そのためその間に治してしまえばウイルスは完全に除去することができるため、再発することがなくなるのです。
さらに完治させることができればパートナーとの性交渉の際に相手に移してしまうかもしれないという心配をする必要がなくなるため、精神的にも安定しますし、性交渉へのトラウマも除去することができるのです。
3つ目の理由は性病は少しでも治療が遅れてしまうと命に関わることがあるからです。
なぜ命に関わるようなことになってしまうのかというと、性病は悪化するとその人の免疫力を下げてしまいます。
そうなると他の性病やエイズなどにかかる可能性も高くなり、風邪やインフルエンザといった病気にもかかりやすくなってしまいます。
そして性病は悪化すればするほど他人にうつす確率も上がります。
そのため自分だけでなく周りの人にも病気を移してしまうのです。
このように性病はできるだけ早期に治療することが何よりも大切なので、少しでも違和感を感じたらすぐに病院に行く必要があります。